Press "Enter" to skip to content

ビタミンCをどんどん摂る

カビが生えやすい時節と言えば、やはり梅雨ですが、高温多湿な時節は、私達の肌に日頃から存在している菌も増殖する傾向にあります。真菌の一種である、マラセチア菌が原因とされるいわゆる「でん風」という皮膚病がありますが、体の部位を選ばず発症します。

皮膚が茶色くなり、シミのようになるでん風や、そこだけ色が抜けたように真っ白になってしまう場合もあります。

違和感を感じるようなシミを見つけたら、迷わず、皮膚科へ行ってみるべきです。

肌にシミが増えてしまうと、本当の年齢よりも年上に見られがちなものです。加齢が進むにつれて、傷の治りも遅くなり、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、肌のケア、特に日焼け対策は怠れません。

キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるもので直接の紫外線を避けると伴に、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、どんどん摂るようにして頂戴。

乾燥肌のため、スキンケアにはオイルのものを使うことにしています。

オイルを使用してマッサージをしたり、オイルパックを利用したり、また、クリームのかわりにオイルを使用することで、乾燥とは無縁の肌にすることが出来ました。

いつ持つるんとしている肌になれておもったより嬉しいです。

紫外線というのはシワを創る原因になるので、外へ出る際は日焼け止め対策のクリームを塗ったり、日傘を使って対策するなど紫外線対策を十分に行ないましょう。また、多くの紫外線を浴びてしまった場合には、ビタミンCの美容(何かに夢中になっていると、自然と保てたりすることも少なくないみたいですね)液等を肌に塗るなどしてスキンケアをしっかりと行って頂戴。

しっかりとスキンケアを行うことで、シワを予防することができるでしょう。

ほっぺたの毛穴の開きが歳をとるにつれて悪化してきたように思います。正面から自分の顔を見ると、毛穴の開きが目立つようになってしまったのです。

この毛穴を消したい、出来るだけ小さくしたいと思って、日々のケアをがんばっています。

洗顔後に冷たい収斂化粧水で、パッティングをするようにしていますが、少しずつ引き締まってきたように思います。雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットをこなしてみたら、3キロも減量できたので、ダイエット的には成功です。少々つらい思いをするファスティングも「きれいになりたい」と気合で乗り越えられましたが、鏡に映る自分自身を改めてよく見たら、身体つきは、何となくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。

しわが増えたことと、ファスティングダイエットとなにか関わりがあるのかどうかわかりませんが、関連を疑いたくなるタイミングではありましたし、今のところはとりあえず、スキンケアを頑張りたいところです。

肌荒れの中でも、男女や年齢などに関わらず悩むのは、ニキビが圧倒的だと思います。

ニキビとひとまとめにしても、いくつかの種類があり、その原因もさまざまあります。しっかりニキビの原因を知り正しい治療を行うことが美しい肌へと変化させる第一歩と言えます。飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、お肌のためにも役にたちます。日本酒の酒粕はパックとして使えます。くすみを消すのに良いそうです。

市販の酒粕を細かくして、ボウルの中で少量の水を加え、酒粕を柔らかくして、固まりがなくなるようにすりつぶしていきます。自分の好みの固さになるまで小麦粉を混ぜていき、全体がなめらかになればパックとして使えます。持ちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。

いったんお肌に吹き出物(毛穴が詰まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)ができてしまうと治癒し立としてもニキビ跡に悩向ことが多々あります。

気になる吹き出物(毛穴が詰まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)の跡を消し去るには、赤くなっているニキビ跡にはビタミンC配合の美容(何かに夢中になっていると、自然と保てたりすることも少なくないみたいですね)液や化粧水で、色素が既に沈着のニキビの跡にはピーリングジェルが効果があります。

洗顔をしっかりとふき取らないと肌荒れになってしまうかもしれないので、すすぎ足りないことがない様にしましょう。顔を洗った後には、化粧水や乳液などを利用して、保湿をちゃんと行って頂戴。

保湿ができないと肌が乾燥してしまい、シワを造りやすくなります。保湿をしっかりとおこなえば、自分の顔にシワを造りたくない人のための、効果的な予防・改善となっています。