Press "Enter" to skip to content

月: 2020年9月

顔にもシミが出現している

当然人によって差は大きいはずですが、実感としては38歳、この頃にシワは顔の一部となるように思います。この年齢になってくると、なかなか身体の疲れがとれないことを実感しますし、巨大なクマやほうれい線が激しく存在アピールを初めるようになります。38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、ちゃんをケアをして睡眠をとれば復活を遂げていたはずなのですが、38歳になった途端、肌が元気になるまでに、かなり時間がかかるようになってしまい、疲れが残った状態がつづいてしまっているのです。アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミが出現して、恐ろしい増殖ぶりです。

原因はよくわかっていて、日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。

幼い我が子と毎日のように一緒に近所の公園で太陽の下、思い切りあそびます。早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。

ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。

その為、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。

でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけないのですよね。

後悔先にたたずですから。基礎化粧品はお肌のためにそのままおつけいただくものですので、効果そのものも当然重要なのですが、素材にもこだわって選びたいものです。

肌に不必要なダメージを与えないためにも、使われている成分や原材料をよく見て、界面活性剤の使われていないもの、可能であればオーガニックな素材のものを選ぶのが正解です。

ニキビとは皮脂が毛穴を詰まらせて、炎症が出ていることをさしています。

乾燥肌の場合皮脂が少ないから毛穴を詰まらせることがないように思われますが、実はそうではありません。皮脂の分泌が少ないと肌は乾燥することを防ぐために大量に皮脂が分泌されます。結果、毛穴が目詰まりを起こしてしまってニキビができるというケースが少なくありません。アンチエイジングというのは加齢と戦う抗加齢という意味で、若返りと勘違いされがちですが、単純な若返りとは違い歳を重ねるのを遅らせ、本来の年齢より若々しく見せるという風に思った方が正しい考え方です。

現在アンチエイジングというものは、基礎化粧品だけではなく、サプリやホルモン治療といった分野でも発達しているのです。健康維持を目的として喫煙習慣を止める方が多くなってきましたが、タバコを止めることは、お肌にも非常によい方向に影響するのです。

さて一服、なんてしているまさにその時に、お肌の調子を整えるために欠かせない栄養素として知られる多量のビタミンCを浪費してしまっています。

つまるところ、タバコを吸う行為は、シミなどに代表されるお肌の不調のいわば「黒幕」になるのです。「肌の調子がよくなり綺麗になったきっかけが禁煙」というのも、たくさんの方が身にしみて感じている紛れも無い事実なのです。老化を防ぐならコラーゲンを取り込む事がとても重要だと思います。コラーゲンは肌の弾力性や輝きを提供していただけます。初々しい時のようなプリプリの表皮にするには、コラーゲンが不可欠です。コラーゲンが豊富に含まれている食料やサプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)で補給するのが、有用なようです。お肌のシミを薄くする効果がある飲み物といえば赤く爽やかな味わいのローズヒップティーです。レモンの数十倍というビタミンCを贅沢に含み、内側からのUV対策となり、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進してくれるので、シミ、そばかすを抑え、肌に輝きを取り戻してくれるのです。老化の原因にもなる活性酸素からも体を守ってくれますし、若返りにもいいかも知れません。「肌トラブルに悩んだことがない女性はいない」といっても過言ではありません。
アットベリージェル

お肌の老化に伴ってシミについて困ることが多いでしょう。

シミをどうにかしたいと思ったら、積極的にビタミンを摂取するというのが重要になってきます。ビタミンCは、シミに対して効果がありますが、これだけでなく既にあるシミを薄くしたり消してしまう場合もあります。より多くのビタミンを摂れば健康な状態に肌を保てるでしょう。透き通るような白い肌だっ立ときに比べ、加齢といっしょにシミが増えるのは、嫌になってしまいますよね。

以前の自分のような若いきれいな肌をみると、ツヤがあってシミもなくキレイで、化粧ノリの良さに羨望の眼差しで見てしまいます。「今からでも遅くない!」って一生懸命に若い肌を保持して、なんとしてもシミの増加を阻止しようと思っています。ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、UV対策とエイジングケアを忘れないようにします。