Press "Enter" to skip to content

月: 2020年10月

肌が衰えてくる年齢

スキンケア中にふと鏡を見てちょっとしたことを考えつきました。

肌が柔らかく、じゅうふん保湿が行き届いているとしわはできにくくなるのかも知れない、ということなのです。目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、肌の感じが柔らかくなってきた頃には以前とても気になっていたしわも、気にならな幾らいになっていました。

炭酸パックがしわに効いたのかも知れないと勝手に思っています。

感じやすい肌だと化粧品を一つ選び出すにしてもどうして良いか迷いますよね。特に肌に塗ることの多いクレンジングはまた一段とです。

感じやすい肌に推薦するのがメイク落とし用の乳液です。これだと肌への影響が少ない。

品数が多いので、素肌も張りづらいですし、潤いも損なわないままでいられます。

他人から見ても、肌が衰えてくる年齢ってありませんか。美容室に勤務するお友達に言わせると「38歳がヤマ」なのだそうです。だいたいその年代というと、体の衰えに伴い肌がくすんできて、目の下に大クマが出たて口周りの下がりが目立ってくるころだと思うのです。若いときなら疲労が顔に出ていても、後追いでスキンケアしたり、お風呂にゆったり入るなどの工夫でシャンとしたのですが、なぜだか急に、復活しなくなってくるのです。肌から疲れが抜けなかっ立と感じる日も増えました。確実に肌年齢が進んでいるのを感じます。
北の快適工房 目の下

喫煙が肌に良くないという理由をご存知でしょうか。

きれいな肌というのは本来、毛細血管による活発な代謝が行われている状態ですが、喫煙すると血管が収縮するので、皮膚のような細い血管では血流が悪くなり、肌の健康を保持するのに必須である酸素や水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)が不足し、老廃物の滞留などが起きてくるのです。

肌の一番外側にある表皮が劣化するとバリア機能がなくなるので、真皮にダメージが届きやすく、いわゆる肌が老化した状態になり、小皺が出てくるのです。

ダイエットの反動などで喫煙が習慣化した人もいるようですが、「キレイ」のために喫煙はやめておいたほうが良いでしょう。

敏感肌によるトラブルは、水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)が不足することによるのが多いのですが、肌質と合っていない化粧水の使用は、かえって悪化させてしまいます。肌質に似つかわしい低刺激の化粧品を用いて、たっぷりと保湿を心がけてください。二度洗顔することは肌に負担がかかりますので、あまり刺激のない肌に合うクレンジングで、抜かりなく落とすようにしてください。

しっかりメイクするのも良いが最終的に大切なのは持って生まれた美しい肌そう私は考えます。

いつものように肌をこまめに手入れして、肌本来のポテンシャルを引き出し、いつかありのままの素顔でも人前で物怖じしない自信をもつことを望みます。肌荒れは空気が乾いているために布団から出ています。肌をカバーしてくれるクリームを適量より多く利用することをお勧めします。

乾燥した肌を放置するのはお薦めできません。お肌を清潔にするためには、洗顔する必要性がありますが、洗顔を必要以上にすると、むしろ肌を傷めてしまいます。

そう考えても、朝は洗顔を行わないか、ほんの少し行なうようにするのが良いです。最近、愛煙家が肩身の狭い思いをするほど、あまたの人が禁煙に励むようになってきていますが、禁煙は、お肌のケアという観点からも、とても好影響を与えることになります。タバコを吸うという行為によって、お肌のコンディションを良い状態にしておくために必ず必要なビタミンCを、たくさん使ってしまうという事実があります。

即ち、タバコというものは、世の女性を悩ますシミといった肌トラブルのいわば元凶となるという理由です。「肌の調子がよくなり綺麗になったきっかけが禁煙」というのも、多くの人が実際に感じている事実です。肌にシワができるのは、加齢をはじめとしていろいろな原因があるものの、大きいのは乾燥です。

部屋のエアコンの空気にさらされていたり汗をかいて、肌の保湿に関わる成分が供に流れて失われてしまった時などは最大限の注意を払いましょう。

それではこの乾燥にどう対処したらいいかというと、ひんぱんに保湿をすることが大切です。こういう時にスプレータイプの化粧水は便利です。もち歩いてこまめにひと吹きすると良く、また、汗をかくほど動いた後には、保湿を忘れないようにした方がいいでしょう。お肌について多くの人を悩ませているのがシミです。シミの要因は様々ありますが、主な原因として日焼けなどによって、肌が赤くなり、変色するという過程を経て、色素沈着したものになります。日焼けだけではなく、ひどいニキビによる炎症の跡もシミの原因の一つです。

日焼け止めだけでなく帽子や日傘などを利用して、しっかりUV対策をすることや保湿を念入りにするなどスキンケアに取り組むと、シミ対策に繋がります。

UV対策やスキンケアの他に、食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)やサプリによって積極的にビタミンCを摂るのも自分でできるシミ対策として有効でしょう。